WORK

製作事例 vol.9 "MS1 Sofa, 2seat #01"

オーダーをいただいてから国内の職人によって一台ずつ製作している DWARF のオリジナルブランド・MEISTER のファニチャーコレクション。
ソファであればシートサイズと張り地、ダイニングテーブルであれば天板のサイズと木種、アイテムによっては金属パーツの塗装色などをお選びいただけるセミオーダーとなり、お客様のご要望によっては通常展開のないサイズや素材を用いたカスタムオーダーもお承りしています。

こちらの WORK のページでは、オーダーをいただいたアイテムの製作事例をご紹介していきます。
サイズや素材の特性、お客様がオーダーの際に重視されたポイントを交えながら随時アップをしていきますので、ご自身の好みやイメージと照らし合わせながらオーダーの参考にしていただければ幸いです。

work_2017.4.28_1.jpg

今回は、多摩市にお住いのお客様から張替えのご依頼をいただいた "MS1 Sofa" の製作事例をご紹介します。
10年ほどご愛用いただき、この春のお引越しに合わせてご依頼をいただいたソファの張替え。
張り地サンプルをお送りさせていただいたり、時にはご来店もいただき、ご新居の内装や家具、新調されたカーテンなどの画像をお見せいただきながら、お客様のイメージされるお部屋に適した張り地をご提案させていただきました。
シートサイズは、WORK では初のご紹介となる横幅 W.1200mmの「2シート」です。

work_2017.4.28_2.jpg

白いクロス貼りの壁に床材は明るい色みのフローリング、ダークブラウンの扉が目を引く大きな壁面収納が備え付けられたご新居のリビングダイニング。
シンプルなデザインの木製家具をお使いのため自然の素材感のある落ち着いた雰囲気で、グレーに薄いブルーの柄が入った綺麗なカーテンがお部屋を明るく引き立ててくれそうです。
10年前にオーダーいただいた際は、無地ファブリックのブラック色をお選びいただいたお客様。
今回の張り替えでは「全体的に統一感を持たせる」ことと「汚れが目立たない濃い色み」とのご要望をいただき、当初からご検討いただいていたグレー系とネイビー系の中から「ウール張り地 プレーン織り」のインディゴ色をお選びいただきました。
アクリル(70%)とウール(30%)混紡の無地ファブリックで、柔らかな手触りと手編みのようなざっくりとした温かみのある風合いが木製家具とも相性の良いこちらの張り地。
豊富なカラーバリエーションも特徴のひとつで、ネイビー系も濃淡の異なる色合いが数色ございますが、小さなお子様のいるご家庭ということもあり洒落感と遊び心を感じさせてくれるインディゴ色をご提案させていただきました。
お部屋の雰囲気に馴染みつつも無難にまとまることなく、ご新居のさりげないポイントとしてとても綺麗な見え方をしてくれるのではないかと思います。

張替えの際は、改めて張り地をお選びいただけるだけでなく、座面と背もたれのウレタンフォーム(クッション材)も新品に交換しております。
長年かけて味わいを増した木部の風合いを保ちながらもクッション性は新品同様に復活し、衛生面も気にせずにこれから先も長くお使いいただけます。

店頭では、豊富なバリエーションの張り地サンプルと過去の製作事例の資料をご用意しております。
実際に座り心地などをお試しいただきながら、豊富なバリエーションの張り地サンプルや過去の製作事例の資料をご覧いただけますので、ぜひご来店いただければと思います。
遠方にお住まいの方やご来店が難しい方には、無料の張り地サンプルをお送りさせていただいておりますので、ご希望の方はお気軽にご連絡をいただけければと思います。


今回の製作事例
商品名:MS1 Sofa 張替え
シートサイズ:2シート
張り地:ウール張り地 プレーン織り・インディゴ色
張り地オプション:パールトーン加工(撥水・防汚加工)
※張替え代金は別途お見積りをさせていただきます。ご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。