WORK

製作事例 vol.24 "MS2 Sofa, 2seat #04"

オーダーをいただいてから国内の職人によって一台ずつ製作している DWARF のオリジナルブランド MEISTER のファニチャーコレクション。 ソファであればシートサイズと張り地、ダイニングテーブルであれば天板のサイズと木種、アイテムによっては金属パーツの塗装色などをお選びいただけるセミオーダーとなり、お客様のご要望によっては通常展開のないサイズや素材を用いたカスタムオーダーもお承りしています。

こちらの WORK のページでは、オーダーをいただいたアイテムの製作事例をご紹介しています。 サイズや素材の特性、お客様がオーダーの際に重視されたポイントを交えながら随時アップをしていきますので、ご自身の好みやイメージと照らし合わせながらオーダーの参考にしていただければ幸いです。

work_2018.12.23_1.jpg

今回は、千葉県浦安市にお住いのお客様に張替えのご依頼をいただいた "MS2 Sofa" の製作事例をご紹介します。
8年ほどご愛用をいただき、お引越しを機に初めての張替えをご依頼いただいた今回のお客様。 背面の木部にお子様がボールペンで描いてしまった落書きも綺麗に落としたい、とのご要望も。 張替えと併せて木部のクリーニングをし、部分的に塗装が剥げてしまったスチール製の脚部もタッチアップをさせていただきました。
実際にソファをお預かりしてみると、元々の張り地がブラックのビニールレザーのため汚れはあまり気にならないものの、経年劣化によるひび割れが起こる一歩手前の状態。 ビニールレザーや合成皮革は一旦ひび割れをしてしまうと修復は難しく、そのまま使い続けると徐々に面積も広がってしまうため、良いタイミングでご依頼をいただけたのではないかと思います。 張替えの際には、ウレタンフォームも新品に交換していますので、本来の張りのある座り心地も復活し、衛生面も気にせずに今後も快適にお過ごしいただけるかと思います。

work_2018.12.23_2.jpg

張り地は、「合成皮革張り地」のブルーグレー色をお選びいただきました。 本革に近い自然なシボと艶感が特徴の国内メーカーの張り地で、高級感のある質感はファブリックとはまた違った魅力ある表情を見せてくれます。 飲みこぼしや経年の汚れも市販の液体洗剤や専用のクリーナーで簡単にセルフメンテナンスができ、予め抗菌加工が施されているなど、高い実用性を備えている点も重要なポイントです。
12色あるカラーバリエーションの中でグレー系は濃淡の違う3色がございますが、こちらのブルーグレー色が一番濃い色合い。 ダークトーンの落ち着いた印象ながらも、自然光の当たる日中はほのかに青みがかり柔らかな表情に。 洒落感がありながら、嫌味のないさりげなさがまた好印象です。
以前までのブラックレザーから少し明るく、印象も優しくなり、小さなお子様のいるご家庭にもとても良く似合いそう。 新鮮なお気持ちでご新居のインテリア選びもお楽しみいただけるのではないかと思います。 次回張替えの際はお子様も大きくなっているかと思いますので、ファブリックにしてみるのも良いかもしれませんね。

店頭では、豊富なバリエーションの張り地サンプルと過去の製作事例の資料をご用意しています。 実際に座り心地をお試しいただきながら、お客様のご希望に合ったサイズや仕様をご提案させていただきますので、ぜひご来店いただければと思います。 遠方にお住まいの方やご来店が難しい方には、無料の張り地サンプルをお送りさせていただきますので、お気軽にご連絡をいただけければと思います。


今回の製作事例
商品名:MS2 Sofa 張替え
シートサイズ:2シート
張り地:グレードA / 合成皮革張り地・ブルーグレー色
※張替え代金は別途お見積りをさせていただきます。ご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。