WORK

製作事例 vol.23 "MS2 Sofa, 2seat #03"

オーダーをいただいてから国内の職人によって一台ずつ製作している DWARF のオリジナルブランド MEISTER のファニチャーコレクション。 ソファであればシートサイズと張り地、ダイニングテーブルであれば天板のサイズと木種、アイテムによっては金属パーツの塗装色などをお選びいただけるセミオーダーとなり、お客様のご要望によっては通常展開のないサイズや素材を用いたカスタムオーダーもお承りしています。

こちらの WORK のページでは、オーダーをいただいたアイテムの製作事例をご紹介しています。 サイズや素材の特性、お客様がオーダーの際に重視されたポイントを交えながら随時アップをしていきますので、ご自身の好みやイメージと照らし合わせながらオーダーの参考にしていただければ幸いです。

work_2018.11.18_1.jpg

今回は、杉並区にお住いのお客様に張替えのご依頼をいただいた "MS2 Sofa" の製作事例をご紹介します。
MS2 Sofa のリリース直後にオーダーをいただき、20年ほどご愛用をいただいていた今回のお客様。 お引越しを機に初めての張替えをご依頼いただきました。 実際にソファをお預かりしてみると、やはり20年という年月は長いもので、張り地には汚れや色褪せが多く、ウレタンフォーム(中のクッション材)もボソボソとした質感に劣化していました。 普段毎日使っていると気づきにくいものですが、長年お使いいただくとウレタンフォームも劣化し本来の座り心地が損なわれてしまいます。 張替えの際には、ウレタンフォームも新品に交換していますので、7〜8年くらいを目安にご検討いただくのがよろしいかと思います。 見た目だけでなく座り心地も復活し、衛生面も気にせずに今後も快適にお過ごしいただけます。

work_2018.11.18_2.jpg

張り地は、国内のファブリックメーカー RIBACO社の「NC張り地」からイエロー色をお選びいただきました。 アクリル(70%)とウール(30%)混紡の無地ファブリックで、温かみのある表情と綺麗な色合いが特徴。 昔ながらの織り機で少しずつ時間をかけて織られているため、手編みのようなざっくりとした風合いがお楽しみいただけます。 75色ある豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつで、当ブランドではその中から定番色として18色を選定していますが、このイエローも定番色の中の1色。 新規オーダーでは思い切りが必要かとは思いますが、少しくすんだような薄めの色合いが意外にも落ち着いた印象で、程良く空間のアクセントにも。
張替え前はブラウンのファブリックだったため、お部屋の雰囲気もガラッと変わり新鮮な気持ちでまたインテリアをお楽しみいただけるのではないでしょうか。

今年も残すところあと僅かとなり、新年を迎えるにあたりソファ張替えのご依頼も多くいただいています。 11月中のご依頼であれば年内の納品も可能でございますので、ご希望の方はぜひご検討いただければと思います。

店頭では、豊富なバリエーションの張り地サンプルと過去の製作事例の資料をご用意しています。 実際に座り心地をお試しいただきながら、お客様のご希望に合ったサイズや仕様をご提案させていただきますので、ぜひご来店いただければと思います。 遠方にお住まいの方やご来店が難しい方には、無料の張り地サンプルをお送りさせていただきますので、お気軽にご連絡をいただけければと思います。


今回の製作事例
商品名:MS2 Sofa 張替え
シートサイズ:2シート
張り地:グレードB / RIBACO社 NC張り地・イエロー色
※張替え代金は別途お見積りをさせていただきます。ご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。