WORK

製作事例 vol.17 "MS3 Sofa, 3seat #02"

オーダーをいただいてから国内の職人によって一台ずつ製作している DWARF のオリジナルブランド MEISTER のファニチャーコレクション。 ソファであればシートサイズと張り地、ダイニングテーブルであれば天板のサイズと木種、アイテムによっては金属パーツの塗装色などをお選びいただけるセミオーダーとなり、お客様のご要望によっては通常展開のないサイズや素材を用いたカスタムオーダーもお承りしています。

こちらの WORK のページでは、オーダーをいただいたアイテムの製作事例をご紹介しています。 サイズや素材の特性、お客様がオーダーの際に重視されたポイントを交えながら随時アップをしていきますので、ご自身の好みやイメージと照らし合わせながらオーダーの参考にしていただければ幸いです。

今回は、石川県金沢市にお住いのお客様からオーダーをいただいた "MS3 Sofa" の製作事例をご紹介します。
スチール製のベース(脚部)に1シート規格のソファ(背つき座面)・スツール(背なし座面)・テーブルを自由に配置し、オリジナルの組合せでオーダーいただける MS3 シリーズ。 ベース(脚部)の上にソファ(背つき座面)を並べるとスタンダードなソファとして、スツール(背なし座面)を並べるとベンチとして。 ソファとテーブル天板を組み合わせてサイドテーブルつきのソファとしてなど、多様なバリエーションでのオーダーが可能なシリーズです。
今回は、横幅W.1800mmの3シートベースにソファを3台並べたオーソドックスな「3シートソファ」の組合せでオーダーをいただきました。 無駄を省いたミニマルなデザインと日本の住宅環境にも取り入れやすいコンパクトなサイズ感で、低い背もたれにより圧迫感のないすっきりとした印象。 傾斜のないフラットな形状の座面は奥行きが深く、胡座をかいたり、時に寝転がったりとデイベッドのような感覚でゆったりとお使いいただけます。
「3シートソファ」の場合、オーダーの際はベースカラー(ブラック色もしくはホワイト色)と張り地をお選びいただけます。※ベースサイズは、他に1シート(横幅 W.600mm)・2シート(横幅 W.1200mm)がございます。

ベースカラーはブラック色を、張り地は国内のファブリックメーカー RIBACO社の「NC張り地」からブラウンネイビー色をお選びいただきました。 アクリル(70%)とウール(30%)混紡の無地ファブリックで、昔ながらの織り機で少しずつ時間をかけて織ることで、手織りのようなざっくりとした風合いを表現しています。 ブラウンとネイビーの2色の糸で織られたブラウンネイビー色は、18色のカラーバリエーションの中でも特に織り感が強く感じられ、この張り地の特徴をダイレクトに伝えてくれる張り地。 豊かな表情が MS3 Sofa のシンプルなデザインにさり気ないアクセントとして溶け込み、とても魅力的な雰囲気に仕上がります。スチールの硬質な印象も少しだけ和らぎ、自然色の強い空間でもすんなりと馴染んでくれそうです。
深みのあるネイビーは、落ち着いた雰囲気ながらも重苦しさがなく、空間に洒落感をプラスしてくれるお勧めの色です。 ソファの張り地だけでなく、クッションやラグなどに加えるだけでもぐっと良い雰囲気になりますので、ぜひお試しいただければと思います。

店頭では、今回ご紹介した MS3 Sofa と同じ張り地の2シートソファを展示品しています。 実際に座り心地などをお試しいただきながら、豊富なバリエーションの張り地サンプルや過去の製作事例の資料をご覧いただけますので、ぜひご来店いただければと思います。 遠方にお住まいの方やご来店が難しい方には、無料の張り地サンプルをお送りさせていただいておりますので、ご希望の方はお気軽にご連絡をいただけければと思います。


今回の製作事例
商品名:MS3 Sofa
組合せ:ベース+ソファ 3台
シートサイズ:3シート
ベースカラー:ブラック色
張り地:RIBACO社 NC張り地・ブラウンネイビー色
価格:¥205,000-(+tax) ※オーダーの際には別途送料がかかります。