WORK

製作事例 vol.15 "MS2 Sofa, 2.5seat #04"

オーダーをいただいてから国内の職人によって一台ずつ製作している DWARF のオリジナルブランド MEISTER のファニチャーコレクション。 ソファであればシートサイズと張り地、ダイニングテーブルであれば天板のサイズと木種、アイテムによっては金属パーツの塗装色などをお選びいただけるセミオーダーとなり、お客様のご要望によっては通常展開のないサイズや素材を用いたカスタムオーダーもお承りしています。

こちらの WORK のページでは、オーダーをいただいたアイテムの製作事例をご紹介しています。 サイズや素材の特性、お客様がオーダーの際に重視されたポイントを交えながら随時アップをしていきますので、ご自身の好みやイメージと照らし合わせながらオーダーの参考にしていただければ幸いです。

今回は、千葉県習志野市にお住まいのお客様にオーダーをいただいた "MS2 Sofa" の製作事例をご紹介します。
1940〜60年代のミッドセンチュリーモダンを思わせるデザインに現代の空気感とジャパンメイドのクオリティを加え、洗練されたモダンな印象に仕上げた MS2 Sofa。 座面と背もたれを繋ぐ積層合板と脚部のスチールロッドで構成し、建築的な構造美を表現した軽やかで美しいフォルムに積層合板の断面のラインが彩りを加え、空間の圧迫感を抑えながらもリビングの主役として特別な存在感を演出します。
オーダーの際はシートサイズと張り地がお選びいただけますが、シートサイズには横幅 W.1500mmの「2.5シート」をお選びいただきました。 大人が2人で座ってもゆったりとお寛ぎいただけ、その上、隣とも一定の距離感を保つことができるサイズ感。 空間の圧迫感もなく、レイアウトのしやすさの面でもひじょうに使い勝手の良いシートサイズです。 ※シートサイズは、他に1シート(横幅 W.600mm)・2シート(横幅 W.1200mm)・3シート(横幅 W.1800mm)がございます。

背と座の張り地は、国内のファブリックメーカー RIBACO社の「NC張り地 」からライトグレー色をお選びいただきました。ウール(30%)とアクリル(70%)混紡の無地ファブリックで、昔ながらの織り機で少しずつ時間をかけて織ることで、手織りのようなざっくりとした風合いを表現した張り地です。 豊富なカラーバリエーションもこの張り地の魅力のひとつで、75色の中から当ブランドでは18色を定番色として選定していますが、こちらのライトグレー色は定番色の中でも特に人気の高い色。 スウェットのような色合いと織りの表情がどこかカジュアルで、肩肘を張っていない自然体の雰囲気が現代の空気感にとてもよくマッチしてくれます。 長くお使いいただいても飽きにくく、他の家具とコーディネートしやすい点やフローリング材の色に左右されない点も多くの方にお選びいただいているポイントです。

店頭では、今回ご紹介した MS2 Sofa と同じシートサイズの展示品をご用意しています。 実際に座り心地などをお試しいただきながら、豊富なバリエーションの張り地サンプルや過去の製作事例の資料をご覧いただけますので、ぜひご来店いただければと思います。 遠方にお住まいの方やご来店が難しい方には、無料の張り地サンプルをお送りさせていただいておりますので、ご希望の方はお気軽にご連絡をいただけければと思います。


今回の製作事例
商品名:MS2 Sofa
シートサイズ:2.5シート
張り地:RIBACO社 NC張り地・ライトグレー色
張り地オプション:パールトーン加工(撥水・防汚加工)
価格:¥261,000-(+tax) ※オプションの有無により価格が異なります。また、オーダーの際には別途送料がかかります。